世界の強豪16チームが参戦しているバレーボールネーションズリーグ第2週が24日(日本時間)、フィリピン・ケソン市で行われ、世界ランキング9位の男子日本代表は、世界ランキング5位のイタリアに3-2で勝利。フルセットの激闘を制し日本は5勝1敗とした。(25-20、21‐25、24‐26、25-19、15-13)  

スタメンはキャプテン石川祐希(26)、西田有志(22)、小野寺太志(26)、髙橋藍(20)、山内晶大(28)、関田誠大(28)、山本智大(27)の7名を起用した。

共に4勝1敗、イタリアとの対決となった日本の6戦目。序盤、平均身長200センチ(リベロ除く)と日本より10センチ高いイタリアに、石川、西田のスパイクをブロックされリードを許した。しかし、今大会、チーム最多得点の西田がダイレクトで相手コートにスパイクを叩き込み、1点差に詰め寄ると、相手のミスで15-15の同点に。さらに西田のサービスエースで、この試合初めてリードを奪うと、相手リベロを弾き飛ばす強烈なサーブが決まり、雄たけびをあげた。一気に日本のペースとなり25-20で第1セットを先取した。


第2セットを奪われ、なんとかイタリアのブロックに対応したい日本。第3セットはスパイクを打つと見せかけてトスをあげる、石川の“フェイクセット”が決まり小野寺が得点するなどしたが、その後連続でブロックを許した。セットカウントを1-2とし、日本は追い込まれた。

第4セットも日本はこれまで同様にサーブで攻めた。さらにセッター関田はミドルブロッカー山内とのコンビネーションでイタリアのブロックのタイミングを外し、得点を重ねた。
このセットを奪い、ファイナルセットに持ち込んだ。


最終セットは一進一退の攻防となった。長いラリーをイタリアに奪われるなど苦しい展開となったが、勝負所で西田のスパイクが炸裂。13-12と日本がリードした場面では地元フィリピンの日本ファンが「ニッポン!ニッポン!」と日の丸を掲げ大歓声で後押しした。
最後は髙橋藍が相手のお株を奪う1枚ブロックでシャットアウト。コートに集まった選手たちは肩を組み、飛び上がって喜びを爆発させた。セットカウント3-2で日本は接戦を制し、5勝1敗とした。サーブポイントは14点と世界ランキング上位の相手を最後までサーブで苦しめた。

試合後のインタビューで「ブロックとディフェンスが勝因になったと思います。また、サーブもです」と振り返った石川。地元フィリピンのファンの声援に「たくさんの応援があって後押しされているのは間違いなくありますしファンの皆様の前で勝てたのは良かったと思います」と感謝した。


次戦は25日、東京五輪金メダルのフランス(世界ランキング3位)と戦う。
※世界ランキングは試合前時点