アメリカが主導する新たな経済圏構想、IPEF=インド太平洋経済枠組みが日米など13か国で発足しました。

バイデン大統領
「我々がきょうここに居るのは、1つの基本的な目的のためです。21世紀の経済の未来は、インド太平洋地域に大きく描かれることになる」

IPEFの発足メンバーは日米や韓国、オーストラリアなど13か国で、経済規模が大きく、中国と経済的な結び付きも強いインドも参加します。

バイデン大統領は23日の発足式典で、IPEFの発足で「21世紀の競争に勝てる」と強調しました。

バイデン政権の高官によりますとこの経済圏は、世界のGDP=国内総生産のおよそ4割を占めるということで、インド太平洋地域で影響力を拡大する中国に対抗する考えです。