新型コロナの新規感染者数は未だに少なくありませんが、ワクチン接種も進み、“コロナ慣れ”“感染してもたいしたことない”など、警戒感の薄れが指摘され始めています。

しかし、コロナの影響は決して「感染した時」だけではなく「その後」も続く・・・。そんな深刻な「コロナ後遺症」の報告が世界中で出てきています。

「とにかくだるい」「あちこち痛む」「頭になにも入ってこない」

コロナから回復したと思っていたのに、その後に生活に大きく影響を与える症状を訴える人たち。中にはコロナの症状は軽症、または無症状だったにもかかわらず、重い症状に襲われる人もいます。現時点では、新型コロナの感染症の深刻度と、コロナ後遺症の有無や深刻度に関連性は認められていません。

社会が“ウィズコロナ”へと移行していく中、感染した人だけでなく、感染していない人にも、決して他人事ではない「コロナ後遺症」。今回のSHAREでは「コロナ後遺症」の専門外来を運営するヒラハタクリニックの平畑光一院長に、コロナ後遺症とは、症状の見分け方から対処法まで聞きます。

今回のSHAREは生配信。番組放送中にはチャットで皆さんからの質問をお受けします。コロナ後遺症に関する、不安や質問をお寄せください。