7月5日夜、山梨県大月市のJR中央本線で送電設備が故障し、6本が運休するなど影響が出ました。6日午前5時前に運転は再開されています。


乗客の男性が撮影した映像には電柱から音を立てて火花が出ています。

また乗客は乗務員の指示のもと電車を降り線路を歩いて駅の方へ向かっています。

5日午後10時45分ごろ、甲府発、高尾行きの上り普通電車の乗務員が大月市の笹子駅から数百m東京側の場所で電柱から火花が出ているのを見つけ運転を停止しました。


乗客:
変な音と火花がパチパチと出ていた。電車の中は慌ただしいとかはなく気温もそんなに暑くなかったので。


JR東日本八王子支社によりますと火花の原因は電車に電気を送る電線が切断していたためで、復旧作業を行い6日午前5時前に運転を再開しました。


この影響で上下合わせて6本が運休するなど およそ400人に影響が出ました。