福島県いわき市で、11月5日にクマのふんのようなものが発見されていたことがわかりました。いわき市内ではこれまでにクマの生息は確認されていませんでしたが、市が注意を呼びかけています。

いわき市によりますと、11月5日、市内遠野町深山田(みやまだ)で、市民がクマのふんのようなものを発見しました。この写真を県に送り、県自然保護課が「クマのものの可能性がある」と確認したということです。

福島県内では以前は「阿武隈川の東側にクマはいない」と言われていましたが、近年はクマの行動範囲が広域化し、浜通りでも目撃情報が寄せられています。

いわき市内でも、これまでにクマの生息や被害は確認されていませんでしたが、市では万が一に備え、行楽やキノコ狩りなどで入山する際には十分注意し、クマを目撃した場合は、市役所や最寄りの支所まで連絡するよう呼びかけています。