今回の記録的な大雨について、専門家は、線状降水帯の発生こそなかったものの、それに“匹敵”するような雨の量になったと分析しています。気象学が専門の東北大学の伊藤純至准教授は、宮城県のすぐ南側で、前線上…