静岡県議会6月定例会は7月1日、最終日を迎え、新しい副知事に県OBの森貴志さん(65)を充てる人事案に同意しました。森さんは「県政の発展と県民の暮らしの向上に努める」と決意を述べました。

6月定例会最終日の7月1日は、一般会計で98億5300万円の補正予算案や新しい副知事に静岡県OBの森貴志さんを選任する人事案など21の議案を可決、同意しました。

<新たに副知事となる森貴志さん>
「身に余る副知事という重責でございますが、県知事の指導のもと、県政の発展と県民のくらしの向上に精一杯努めてまいります」

森さんの任期は4年で、あす7月2日付けで就任します。

また、7月1日は一票の格差を是正するため、2023年春の県議会議員選挙の定数と選挙区を見直す議案も提出されました。

68の議員定数は維持したままで、沼津市を4人から3人に減らし、「あわせて1人」だった清水町と長泉町の選挙区を分離して「それぞれ1人ずつ」とする案も可決されました。