静岡県三島市で写真展を開いている動物写真家 岩合光昭さんのギャラリートークが5月3日開かれ、ネコの撮影秘話などで盛り上がりました。

<動物写真家 岩合光昭さん>
「本当にネコって、『いい子だね』っていうと表情まで違ってくるので、みなさんのお家にもしネコがいたら、声をかけて、『いい子だね』って言っていただくと、『えっ?』となるのでぜひ試していただけたらと思います」

岩合光昭さんは、ネコやイヌを始め様々な動物たちを、日本だけでなく、世界各地で撮り続けている動物写真家です。

3日は、三島市の佐野美術館でギャラリートークが開かれ、ブラジルで砂浜の王様と呼ばれているネコとの出会いや、ニューヨークのピザ屋に来る看板ネコなどの撮影秘話を話しました。

<来館客>
「自由闊達なネコたちをうまく捉えていらっしゃるところが、すごく魅力的ですね」

岩合光昭さんの写真展「世界ネコ歩き2」は、6月26日まで静岡県三島市の佐野美術館で開かれています。