勇壮な凧揚げと絢爛豪華な屋台の引き回しで知られる静岡県の浜松まつりが5月3日から開幕しました。今回も規模を縮小しての開催です。

<浜松市 鈴木康友市長>「令和4年度、浜松まつりを開催します」
 2022年は168町が参加する浜松まつり。例年なら勇壮な激練りで幕を開けますが、今回もコロナ対策で練りが禁止されるなど、少し物静かなスタートとなりました。しかし、初子を祝う凧が揚がると、この会場だけで認められているラッパの音色が響き渡り、参加者は距離をとって子どもが誕生した家族を祝福しました。
<初子の親 榊原将人さん>「本当によかった。天高く揚げることができた」
 2021年のまつりは無観客開催でしたが、今回は上限3万人で観客を入れるほか、2021年は中止となった夜のメーンイベント御殿屋台の引き回しは、範囲を各町内に限定して実施されることになっています。