屋内型農園を活用した、新しい障害者雇用支援サービスが倉敷市で始まりました。レタスなどの栽培を通じ、「持続可能な雇用の実現」を目指します。

倉敷市新田に完成した「トライスルみらい農園倉敷」です。約1千平方メートルの室内には、人工の光を当ててレタスなどの野菜を栽培する場所や、休憩スペースなどが設けられています。障がいのある人とない人が、4人1組でチームを組み働きます。

(農園で働く人)
「学生時代に園芸の経験があります。レタスなどを作ってみんなに食べてもらえるのがうれしい」

この農園は、様々な理由で障がい者を受け入れる環境を整えづらい企業の受け皿として誕生しました。東京都のジョブサポートパワーが企業に代わって雇用や仕事の定着支援を行います。

(ジョブサポートパワー 高野康久社長)
「潜在的なニーズがあると思っています。但し、支援の仕方や設備の問題などがうまく合致をすれば、障がい者のためご家族のためにも十分なりえる」

また、栽培指導や収穫した野菜の販路紹介などは2016年から自社の植物工場でレタスなどを栽培する倉敷市の旭テクノプラントが行います。

(旭テクノプラント 藤森健社長)
「『障害者が仕方なく働く場所、提供されるというイメージではなくて、我々が指導することによって高付加価値野菜を生み出して市場で認められる、支持されるものを提供して社会貢献度を実感していただく」

屋内での野菜栽培を通じ生まれた新しい障害者雇用の形です。旭テクノプラントでは今後も農園の整備を進めたいとしています。