■ 野生のイルカの群れに

大人のイルカに交じって泳ぐ、小さな背びれ。
5月、熊本県天草市(あまくさし)で野生のイルカの赤ちゃんが確認されました。



天草の海に生息する ミナミハンドウイルカ

これは天草漁協と天草市が今年、共同で設置した「イルカ調査室」が 5月 18日に撮影したものです。

赤ちゃんの確認は例年よりも2か月ほど遅かったそう。


この時期 イルカウォッチングでも見かけることができます

この赤ちゃんイルカは生まれて2週間程度ではないかということです。

大人のイルカと一緒に懸命に泳ぐ姿が共感を呼びます。

がんばれ~!

イルカ調査室では今後、イルカの様々なデータを集めて、環境保全や観光・教育にも役立てていくそうです。