■ 知る人ぞ知る「全国2位」のご当地パン

薬味やトッピングなど、脇役として使われることが多い「ネギ」。
熊本には そんな「ネギ」が主役の人気パンがあります。

ネギとパンの組み合わせは意外な気もしますが、第1回 日本全国ご当地パン祭り(2010年)で 2位に輝いた という お墨付きの美味しさ。

このパンを手掛けるのは、熊本市東区にある 創業70年の老舗「高岡製パン」
店に入るとすぐに、目立つところにそのパンが並びます。


その名もネギパン。

シンプルなネーミング。

そして、どこか懐かしさを感じるような味わい深いパッケージ。


■ 生地だけではない 美味しさの秘密


生地の発酵は他のパンの2倍かけていると秘密を教えてくれたのは、このパンを生み出した 高岡製パンの社長・高岡辰生さん(70)
発酵時間を長くすることで「ネギパン」に欠かせない、もっちりふわふわの食感を生み出すことができます。

焼き方にも社長のこだわりが詰まっています。
専用トレイにネギを散らし、その上に発酵した生地を乗せ、さらに発酵させます。



そこからオーブンで 5分20秒焼き上げます。(このプラス20秒がカギ!)



これが、焼き色がつかず、真っ白のふわふわ生地に仕上がる抜群の焼き時間なのです。