熊本市中央区保田窪(ほたくぼ)にある雑貨と古着の店【セレクトロNEO】


「いい雰囲気です。ワクワクしますねこの感じ」(リポーター)


レトロブームで客が2倍ほど増えたという店内にはおよそ500着の古着に1000種類の雑貨がところせましと並んでいます。


「昭和の頃にタイムスリップしたような感じになりますよね」(リポーター)

「懐かしい、あの頃の時代という感じです」(セレクトロNEO 宮田孝一郎さん)


「どんなお客さんが来ますか?」(リポーター)


「年配のお客も来ますし最近では昭和レトロブームですので若い客も沢山来ます」(宮田さん)


「すごいのありますね。ダブルラジカセ!留守録、リバース、全然わからないでしょ?」(リポーター)

さらに、よく使っていたものも。


「弁当箱。上が熱くなるストーブだったんですけど、当時これ上に置いて温めていたんです。ご飯とか」(リポーター)


「そうですよね。ただ持つときに注意しないとすごく熱いという」(宮田さん)

同世代の会話も、思わず弾みます。


さらにミニトランクに中折れ帽、ループタイなど1980年代のストリートファッションも楽しめます


「実際こういうのは需要があるのですか?」(リポーター)


「若い人たちに需要があって昔の洋服を好んで探しに来ますね」(宮田さん)

「お父さんが着た服を息子が着たり、娘さんの服をお母さんが着たり、一緒にそういう楽しみ方できますよね」(リポーター)


「親子で共有できます」(宮田さん)
「いい時代です。それでいて最先端になるんですからね」(リポーター)