広島県福山市のリサイクル工場で、現金およそ400万円が発見されたことが20日分かりました。

現金が見つかったのは、広島県福山市箕沖町にあるリサイクル工場です。

福山市によりますと、17日の午後3時半ごろ、工場を運転している業者から「現金を発見した」と連絡がありました。確認にきた市の職員が、工場内にある不燃物を貯める施設の出口で大量の1万円紙幣を発見しました。

回収して枚数を確認したところ、合わせて383枚あり、ほかに損傷した紙幣が17片ありました。20日午前、警察に拾得物として届け出たということです。

福山市は15日に回収した不燃ゴミの中にあった可能性が高いとみていますが、「今までに経験したことがない現金の量だったので驚いている」と話しています。

警察によりますと、福山市が発見者としての権利を放棄したため、所有者が名乗り出なければ現金は3か月間警察署で保管した後、広島県のものになるということです。