4日午後、鳥取県若桜町の氷ノ山で、登山をしていた高校生2人組が自力で下山できなくなりました。
およそ3時間後、2人は鳥取県消防防災ヘリコプターで無事救助されました。

遭難したのは、大阪府内に住む男子高校生2人です。

2人は同級生で、4日午前11時ごろから鳥取県若桜町の氷ノ山で登山を開始。
しかし午後2時前に、氷ノ山仙谷コースの5合目付近で登山道を外れ、残雪などの状況から自力で下山できなくなり、「道に迷ってしまった」と自ら110番通報して救助を要請しました。

2人は通報からおよそ3時間後に、鳥取県の消防防災ヘリコプターによって救助され、けがはありませんでした。
遭難した2人は、登山届を出していたということです。

山にはまだ雪が残っていることもあり、警察は引き続き、登山の際は登山届を出すことや、安全を最優先して無理のない登山をするよう呼び掛けています。