■ 1000万円以上受け取るはずが 約半分に…

原告の夫(60代)
「人間不信ですね」


満期になれば一定の保険金を受け取ることができる養老保険。
この保険を販売するかんぽ生命保険をめぐる不正疑惑で、裁判に踏み切った夫婦。
8日の最初の法廷を前に現在の心境を語りました。


声を震わせながら話すのは、熊本市に住む 60代の夫と70代の妻の夫婦です。夫婦は1989年に現在の「かんぽ生命保険」の養老保険に2口加入。20年後の満期に保険金あわせて1000万円とその配当金を受け取るはずでした。
ところが…


河内 博幸 弁護士
「被害金額としてご夫婦合わせて、550万円ほどになります」
(Q. 満期で受け取る額は?)
「本来であれば、1100万円以上になっていたと思います」

満期を迎えた2009年に受け取ったのは想定額を大幅に下回る551万円だったといいます。
一体、何があったのか。


かんぽ生命側から開示された資料によりますと、2口のうち一方の保険では2006年から2009年までの約 3年間に19回の「貸し出し」があり、次の貸し出し金によって返済が繰り返されていたということです。


しかし、夫婦はこの借り入れに覚えはなく、一連の貸し借りには第三者が関与した疑いが生じています。
その根拠は、借り入れの申し込み書類の「筆跡」です。
夫婦は、かんぽ側から提出された書類を筆跡鑑定したといいます。
すると…。