中国の王毅外相は20日、アラブ・イスラム諸国の閣僚級でつくる外交団と北京で会談しました。王毅外相はパレスチナ自治区ガザの情勢を巡り、イスラム諸国による停戦や人道支援拡大の呼びかけについて支持を表明したということです。

中国外務省によりますと、会談はパレスチナ自治政府のマルキ外相やヨルダン、エジプトの外相らが出席して行われました。

会談では、現在のイスラエルとイスラム組織ハマスの戦闘の鎮静化や、民間人の保護、パレスチナ問題の公正な解決の推進について、双方が詳細な意見交換を行ったということです。

中国の王毅外相はガザの情勢を巡り、イスラム諸国による停戦や人道支援の拡大などの呼びかけについて「完全に支持する」と表明したということです。

アラブ・イスラム諸国の外交団は、21日まで中国に滞在します。