静岡県浜松市に住む18歳の少女が小中学校でいじめを受け、学校や市の教育委員会が適切な対応をしていなかった問題で、少女とその保護者らが5月10日、会見を開きました。少女と保護者は、不適切な対応をした当時の教員からの謝罪をあらためて求めました。

<いじめを受けた少女>「無理やり、加害者と対面で聞き取りをされました。その時先生に『お前が嘘をついたら今度はお前が加害者だ。お前、かまってほしいだけだろう』と、ひどい対応をされて自分が悪いのだと思い込んでしまいました」
 両親とともに会見に臨んだのは、浜松市に住む18歳の少女です。少女は小中学校の時に受けたいじめについて相談した担任の教員などから「家庭に原因がある」と言われるなど、不適切な対応をされたと訴えました。
<いじめを受けた少女>「あの時、先生たちには親身になって話を聞いてほしかった、適切な対応をしてほしかった」
 このいじめをめぐっては、第三者委員会がおよそ2年間の調査でいじめを認定したうえで、市や教育委員会が適切な対応や調査をしていなかったと結論づけています。
<少女の父親>「関わった人は本当に許せない。今でも謝罪してほしい」

 少女の両親らは10日、浜松市の鈴木市長と教育長に質問状を提出し、不適切な対応をとった当時の教員や鈴木市長が直接謝罪するよう求めました。
 一方、今回の問題を受け、浜松市教育委員会は各学校にいじめ対策のコーディネーターを置くことを決め、研修会を始めました。
<浜松市教育委員会 宮崎正教育長>「多くの教職員の目でいじめを積極的に認知し、いじめ見逃しゼロを目指してほしいと思います」
 市の教育委員会では、市内全ての小中学校にコーディネーターを配置したうえで、今後、定期的に研修会を開くなどしいじめ根絶に向けた基本方針の見直しなどを行う方針です。