7月1日から始まった、岡山デスティネーションキャンペーンに合わせた試みです。JR津山駅で、列車の接近を知らせるメロディが新しくなりました。採用されたのは、岡山県津山市出身の稲葉浩志さんがボーカルを務めるロックバンド・B′zのあの曲です。

のどかな津山駅に1両編成の列車がやってくると…
「♪金も恋も~Easy Come,Easy Go!」

オルゴールの音色で奏でられるのは、人気ロックバンド・B′zの「Easy Come,Easy Go!」です。

JR津山駅前にもB’zの看板が

バンドのボーカルで、津山市出身の稲葉浩志さんが「故郷の思い出をつづった曲」ともいわれています。キャンペーンで訪れた人々に、津山をより強く印象づけようと企画されました。

さっそく神奈川からやってきたというファンの方が
録音!

変更されたメロディを録音しようと、遠方から駆け付けたファンの姿も。

鉄道ファン(音鉄)かつB’zファンの方でした

(ファン)
「一度来たかった津山が、B'zの曲に変わるということで、居てもたっても居られず…」

この取り組みをどう思うか、ぜひ伺いたい方が!
稲葉浩志さんの兄、稲葉伸次さんです!

さらに老舗和菓子店の社長で、津山市観光協会の副会長を務める、稲葉浩志さんの兄は…。

観光協会副会長として「津山に来たんだなと感じて頂ければ」

(津山市観光協会 稲葉伸次 副会長)
「この曲を聞いて『津山に来たんだな』という実感を、感じていただければと思います」

(記者)
「お兄さんとして嬉しいものなんでしょうか?」

兄として「不思議な気持ちです」

(津山市観光協会 稲葉伸次 副会長)
「不思議な気持ちです」

幸も不幸も EASY COME,EASY GO!


B'zの列車接近メロディは、キャンペーンが終了した後も継続して使われるということです。