露地栽培の桃で岡山県で最も早く市場に出る、極早生の品種「はなよめ」の出荷が倉敷市で始まりました。少しずつピンクに色づく様子がほほを染めて微笑む「花嫁」のようだとその名がつけられた桃です。

10日、出荷が始まったのは倉敷市浅原地区の農園です。甘くてさっぱりした味わいと適度な歯ごたえが特徴の“はなよめ”。今年は雨が少なく、日に当たる時間が長かったため、甘みがより強く仕上がったといいます。

(栽培農家 室山翔太郎さん)
「今年は実どまり(実り)もよかったですし天気が良かったので、味もいいものができていると思います。噛めば噛むほど甘みが出ると思いますので、その辺を楽しんでもらえたらと思います」

「はなよめ」は、11日から岡山県内外の百貨店やスーパーなどに並びます。