今がまさに旬のハマグリ。特に有名な産地である三重県桑名市では、禁止区域で繰り返される密漁によって、大きなピンチを迎えています。実は、ブランドハマグリを狙う悪質な密漁が堂々と行われていたのです。「知らなかった」では済まされない密漁の実態を取材しました。

江戸時代から歴代将軍に献上されてきたブランドハマグリの危機


ふっくらした身に旨味が詰まった、今が旬のハマグリ。昔から「その手は桑名の焼きハマグリ」で知られる、三重県桑名市のご当地グルメです。

ところが、今年は稀にみる不漁。

そのため1877年創業の「歌行燈」では、桑名産以外に伊勢市や松阪市で獲れたハマグリもまとめて「三重県産」として提供しています。

(歌行燈・横井健祐社長)
「極端に味が変わることはないですが、やっぱり桑名産のハマグリの方がおいしい」


桑名のハマグリは木曾三川が伊勢湾に流れ込み、栄養分が豊かな干潟で育つため、味は抜群。江戸時代には歴代将軍に献上されていたと言います。

埋め立てなどの影響で1975年には漁獲量が大きく減少しましたが、地元の漁協がハマグリの稚貝の放流を続けたことで徐々に回復しました。

ところが、なぜか数年前から再び減っているのです。

地元の赤須賀漁協は密漁の影響が大きいと話します。

(赤須賀漁協・水谷隆行組合長)
「密漁が一番大きい。人の畑でキャベツ盗むか?泥棒だよ。それと一緒」

禁止エリアにハマグリ密漁者が20人以上 漁業権を持つ人たちは激怒


桑名市の一部の干潟には「漁業権」が定められており、組合員など許可された人以外がハマグリを獲ることは禁止されています。

漁業権を持つ人は「青い旗」を掲げて潮干狩りをするのですが、午前11時を過ぎると、青い旗を掲げずにスコップやクワを持つ人が20人以上集まってきました。


(密漁者)
「(Qハマグリですか?)うん」
「(Q獲れますか?)ちっこい」
「(Q漁業権持っていますか?)持ってない。こっち行かなあかんな、ごめんごめん」

(密漁者)
「(Qハマグリですか?)ちょこっとね」
「(Q漁業権は持っている?)みんな持っとらへん。向こう行くわ、すまんすまん」
「(Q大潮の時は毎回やっている?)やっとらへん。今日が初めてや」

ここにも、あそこにも、密漁者が。この状況に漁業権を持つ人たちは怒りをあらわにします。


(漁業権を持つ女性)
「(権利がないのに)獲られたら迷惑やね。せっかく漁業権を買っているのに」

(漁業権を持つ男性)
「商売で密漁する人もいる。なので余計に腹が立つ」