山口県岩国市の交差点の通行方法が分かりにくいとして、警察は一時不停止の交通違反3件を取り消しました。

違反が取り消されたのは、岩国市麻里布町の変則四差路交差点で、一時停止をしなかったとして摘発された3件です。

警察によりますと、取り締まりをした場所の通行方法が分かりにくいと、先月指摘がありました。警察で検討したところ、停止線の位置が左奥にあるため、斜め右に進む人が一時停止をしなくてもいいと勘違いをすると判断しました。

警察は今年4月に摘発された3件を取り消し、納付された反則金を返して違反点数を取り消す手続きをとっています。

この一時停止は今月16日に廃止されたということです。