ちょっと変わった調理実習です。
山口市の高校生が22日、家庭で簡単に作れるジビエ料理に挑戦しました。

参加したのは山口農業高校の3年生です。防府市で洋食店を営む中田佑輔さんを講師に迎え、イノシシ肉を使ったジビエ料理の調理実習に臨みました。

イノシシやシカなどによる農業への被害が絶えないことから、高校生にジビエについて知ってもらいおいしく食べられることに気づいてもらうことが狙いです。

料理は、「イノシシもも肉のステーキ」。肉は山陽小野田市や美祢市などでとれたもので、焼き目をつけたらそのままオーブンに入れます。

奥野粋子アナウンサー:
「今回使われている肉は脂身が少なくヘルシーな内ももという部位だそうです香ばしくて良い香りが漂ってきました」

あっという間に完成。盛り付けにもこだわりました。
初めて作ったジビエ料理、そのお味は?

参加した生徒:
「臭みがあるっていう偏見がよくされると思うんですが、全然気にならないですし、めっちゃおいしいです!」
「食べやすかったです!おいしかった!」

今回は「萩たまげなす」など県産の食材で3品を作りました。生徒たちはふだん口にする機会が少ないジビエ料理に興味を持った様子でした。