噂のネコのイラストが、地域のお店に・・・


イラストがこちら。
白い毛並みに、堂々としたいで立ち。胸元には、かわいいハモのイラストも。スタッフさんの中に、ネコの目撃者もいました。

店のスタッフ
「ハモをくわえて逃げているネコが噛みつかれている現場を見ました。噛みつかれている?ハモから、パクっと。それでも逃げているんです。だから、『あいつはハモ吉だ』と。」

それからその白いネコをハモ吉と呼ぶようになりました。


これ以降、室積では空前のハモ吉ブーム。ハモ吉のグッズまで誕生しました!
イラストのパターンは全部で7種類。ハモと握手しているものや、ハモをくわえて歩く後ろ姿などなんともチャーミングです。


バッグやポーチ、そして、クッションなどにあしらわれています。

木村明美さん
「室積のイラストレーターの方にお願いして描いてもらったのが一番最初です。このへんのお母様方にも使っていただいています。」

ハモ吉は、地元のみなさんから愛されているんです。ただ・・・

「噂によると、周南の方にいるらしい。」
「出会った人に引き取られたという噂は聞いたんですけどね。だから、元気にしていると思うんですけど。」

実はハモ吉、数年前に心優しいかたに保護されたんだそうです。室積は離れてしまいましたが、いまも地元の皆さんの笑顔の源になっているとのこと。

「私の中では、永遠のアイドル」
「心を和ませてくれるキャラクター。」
「室積のストーリーの主役になってくれているようなネコ」・・・


みなさんの記憶の中にある、アニメのような光景は、サザエさんのように、きょうも元気と笑いを届けてくれています。

ハモ吉の現在の姿をお届けしようと、取材班総力をあげてこの2週間調べました。その結果、なんとなくこの方かな?という人は見つかったんですが、どうしても連絡が取れず、あえなく断念ということになりました。


はも吉グッズは、
室積市場ん(山口県光市室積3丁目15-1)で販売しています。
営業日:金・土・日・月曜日、10時~16時(火曜日はマルシェ営業のみ)