参院選の応援演説中に銃撃され亡くなった安倍元総理の妻、安倍昭恵さんが、事件後初めて、地元、山口県に入りました。

安倍昭恵さんはきょう昼前、山口宇部空港に到着しました。

山口県に入るのは安倍元総理が銃撃され、死亡して以降初めてで足早に車に乗り込みました。
その後、地元・長門市に入り、支援者らが迎える中、安倍家の墓に手を合わせました。

県内には、あさって(3日)まで滞在し、支援者らへのあいさつ回りのほか後継者について意見交換するものとみられます。

昭恵さんは元総理が会長を務めた自民党「安倍派」の幹部に補欠選挙に自身は立候補しない考えを伝えています。