25日は、富山市内で正午前に35℃を越え、今年初の猛暑日となっています。県内は前の日に続いて朝から30℃を越す厳しい暑さとなり、熱中症などへの注意・警戒が必要です。

富山地方気象台によりますと、県内は太平洋側に張り出した高気圧や上空に暖かい空気が流れ込んだ影響で朝から気温がぐんぐん上がり、富山市では正午前までの最高で35.1℃、高岡伏木で33.8℃の厳しい暑さとなっています。

街の人:
「マジで暑いです。とけそうです」
「暑くて、体がまいってます」
「ママが、暑いから日陰に行っていいって言うから、日陰にきた」

このあとも気温は上がる見込みで、予想最高気温は富山で36℃となっています。

気象台は、部屋の中でも熱中症のリスクが高まっているとして、
▼こまめな水分補給や冷房で部屋の温度を下げること
▼日中の外出を避けるなどの熱中症対策を十分にとるよう呼びかけています。