22日も富山県内は蒸し暑い1日となり、砺波市では今年最高となる30.2℃を記録しました。砺波市で30℃を超えるのは2日連続です。そうした中、南砺市で30歳代の男性と40歳代の女性が熱中症の疑いで病院に搬送されました。消防によりますと30歳代の男性は午前中にウォーキングをして帰宅した後、手足にしびれがでたということですが軽症です。一方、40歳代の女性は22日午後、屋外で作業をしたあとに頭痛の症状が出たということで軽症です。