20日朝、富山県砺波市で、70代の男性がクマに襲われけがをしました。県内でのクマによる人身被害ははことし初めてです。このところクマの出没が相次いでいることから、自治体などが注意を呼びかけています。

記者リポート:
「けさ、クマの目撃情報があった砺波市鷹栖(となみし・たかのす)です。クマはあちらの奥から出てきて、こちらで作業をしていた男性にかみついたということです」

午前5時前、砺波市鷹栖で散歩をしていた男性が、クマに襲われている74歳の男性を見つけ、警察に通報しました。

通報した男性は…
男性:
「そこからクマが出てきて、男性に飛びかかってきた。抱っこするようにして。そしてつめで引っかかれて、男性がばたんと倒れて、クマがこっちを向いて逃げていった」

クマに襲われた男性は、両腕に切り傷などを負い、病院に運ばれ手当てを受けました。その後、男性を襲ったとみられるクマは、砺波市内の各地で相次いで目撃されました。

記者:
「けさクマが目撃されたおよそ1時間後に、南砺市野尻のこちらの空き家でクマが駆除されました」

砺波市によりますと、クマは体長1.2メートル、体重50キロほどの成獣だったということです。クマに襲われてからおよそ5時間後、病院から帰宅した男性が当時の状況を語りました。

クマに襲われた男性:
「(記者:クマだと気づいて、どうでしたか?)そりゃあ、びっくり仰天でした。こんなところを歩いてくるなんて、ちょっと考えられなかったです」

当時、持っていたほうきは、は血で染まっていました。

記者:「そのほうきで抵抗されたんですか?」
クマに襲われた男性:
「そこまでできなかった。自分の身を守ることで精いっぱいだった。めちゃくちゃな、力ずくできたっていう感じはしないですけれど、襲いかかってきたことには間違いない」

富山県内でクマによる人身被害は今年に入って初めてです。県内では、このほかにもクマの目撃情報が相次いでいることから、県は2年ぶりにツキノワグマ出没警報を出して警戒を呼びかけています。