20日朝、富山県砺波市で70代の男性がクマに襲われ、両腕にけがをしました。男性を襲ったとみられるクマはその後、駆除されました。

男性がクマに襲われた現場(砺波市鷹栖)




記者:
「けさ、クマの目撃情報があった砺波市鷹栖です。クマはあちらの奥から出てきて、こちらで作業をしていた男性にかみついたということです。その後クマは逃走し、あちらのほうへ逃げていったということです」


午前5時前、砺波市鷹栖(たかのす)で散歩をしていた男性がクマを発見。クマは、近くの住宅前の道路で落ち葉を清掃していた70代の男性に襲いかかったということです。

クマに襲われた男性は、両腕に切り傷などを負い病院で手当てを受けました。命に別状はありません。

クマに襲われた男性:
「びっくり仰天でした。めちゃくちゃな力ずくではなかったけど、襲いかかってきたことに間違いない」

男性を襲ったとみられるクマは、南におよそ2キロメートルほど移動し、南砺市野尻の空き家に逃げ込んだところ、市の鳥獣被害対策実施隊員が駆除しました。

クマが逃げ込んだ空き家(南砺市野尻)



クマは体長1.2メートルで、体重50キロほどのオスの成獣だということです。県内でもクマによる人身被害は今年に入ってから初めてです。

このほかにも県内ではクマの目撃情報が相次いでいることから県や警察などが引き続き、注意するよう呼びかけています。