88品種、4万株の花しょうぶが楽しめる花しょうぶ祭りが、18日から滑川市の行田公園で開催されています。

行田公園の、6.6ヘクタールの敷地には3つのしょうぶ園があり、88種、4万株のハナショウブが植えられていて今、満開となっています。

しょうぶ園は、1974年に県外に住む滑川市出身の男性が市に1万5000株のハナショウブの苗を贈ったことがきっかけで造られました。

祭り初日は、朝から多くの人が訪れ、訪れた人たちは、白や紫色の涼やかな花々に見入っていました。

花しょうぶ祭りは、19日まで開催していて、18日午後6時から午後9時までは、LEDとキャンドルによるハナショウブのライトアップがおこなわれます。