9日から黒部市でクマの目撃が相次いでいます。10日も2件の目撃情報がありましたが発見には至らず、警察は住民に注意を呼びかけています。

10日午前9時50分ごろ、黒部市山田の北陸自動車道の高架下付近で、成獣と見られるクマ1頭が目撃されました。警察や地元の鳥獣被害対策実施隊が周辺を探しましたが、発見には至りませんでした。

しかし、その2時間半後…

通報した男性:
「鳥肌立てますよ、今も鳥肌立ちましたもん。初めて見たんで。多分1メートルから1メートル半ぐらい。自分の車の30メートルか40メートル前にクマが出て、民家の方の方角に横切っていったんで、それ見てすぐ通報して」

記者:
「目撃した男性によりますと、クマのこちらの林から突然現れ、道路をゆっくり横切り住宅街につながるこの林の中に入っていったということです」

午後0時20分ごろ、今度は最初に目撃された現場から北に300メートルほど離れた農道で、成獣とみられるクマ1頭が目撃されました。

警戒のアナウンス:
「付近にクマがいます。外には出ないでください」

記者:
「先ほど逃げたクマはこちらの住宅街に逃げ込んだということです。あたりでは厳戒な警戒態勢がとられています」

目撃された2つの地点は距離的にも近いことから、市は同じクマの可能性があるとみています。

クマの出没を受け、近くのたかせ小学校では授業を1時間早く切り上げ、保護者に迎えにきてもらう措置をとりました。

警察によりますと、この周辺では9日から10日までにクマの目撃情報が5件ありました。

9日の中陣地区では、クマ3頭が目撃され、このうちの1頭が駆除されましたが残りの2頭はみつかっていません。

近所の人:
「怖いですよ。どこにおるかわからないから、出られない」

警察は付近住民に、不要不急の外出は避け窓の施錠を徹底するよう呼びかけています。