富山市の小中学校再編計画に関して、市が進めてきた住民説明会は、28日開かれた大山地域ですべての日程を終了し、市は、今後改めて再編の方向性を示すことになります。

大山地域では、通学区域外からの入学が可能な「小規模特認校」の小見小のほか、福沢小、上滝小、大庄小の4つの小学校が再編対象となっていて、市は大庄小にほか3つの小学校を統合するか、これら4校を上滝中学校に併設する小学校へ再編する案を示しています。この日は小見小の児童の保護者から、「小規模特認校」の意義を強調する意見や、存続を求める声が相次ぎました。

小見小に子どもを通わせる保護者:
「再編についての計画が小規模が適正ではないという考え方だけで進まないように強く望みます」

小見小の保護者:
「(小見小)に行かせたと思ったのは小規模であるということ、それがうちの子にあってると思ったからです。大切なことは小規模だろうが適正規模だろうが大規模だろうが親と子どもが行きたいと思えること、それは多様な教育そのものだと思っています」

これですべての地区での説明会が終わり、市は今後、参加者から出た意見をふまえ、再編の方向性を改めて検討していくとしています。