通行止めが続いていた立山有料道路が27日から通行可能となりました。

記者:
「旅館関係とみられる車が一台料金所にやってきました、およそ1か月ぶりに立山有料道路を通行していきます」

今月2日に桂台(かつらだい)から美女平(びじょだいら)間で発生した落石の影響で、なだれ対策用のスノーシェッドの屋根に穴が開き、通行止めとなっていた立山有料道路。応急工事が完了し通行を再開しました。


当面は現場の前後250メートルの片側交互通行となります。


貸し切りバスを運行する富山地方鉄道は、「運行が再開してほっとしている、登山シーズンに向けて観光客が戻ってきてほしい」と期待を寄せています。