■前夜祭や小学校での競演会場の設置は中止の方向

【おわら行事運営委員会】
開催にあたっては子どもたちへの伝統継承に重きを置いた「小さなおわら」を目指す方針で「町流し」は行いますが、前夜祭や小学校での競演会場の設置は中止の方向で調整しています。



また、踊り手と地方ら1000人分の抗原検査を、開催日の前日から4日間の計4000回行い、感染拡大防止に努める方針です。


ただ、事前予約制による来町者の入場制限や駐車場の確保などについてははっきりした方向性が決まっておらず、総会では出席委員から不満の声が上がりました。