4日の県内は高気圧に覆われ各地で夏日となりました。この陽気のもと、高岡市の海岸では一風変わったイベントが行われました。

4日の県内は朝から気温がぐんぐん上がり、日中の最高気温は富山市で26.3℃、高岡市の伏木で25.6℃と6月下旬並みの暑さで、10ある観測地点の中で5つの地点で夏日となりました。


そんな中、高岡市の雨晴・松太枝浜では、潮風と暖かな日差しを全身で感じながら海岸でのヨガを体験するイベントが開かれました。

参加者
「早い夏を感じるくらい暑くて気持ちよかったです」
「だんだん暑くなってきたけど、砂浜の熱さを感じることができて楽しめました」

イベントは一年を通して海に親しんでもらおうと企画されました。
身も心もリフレッシュしたあとは、ボランティアも加わって浜辺の清掃活動です。



この活動は海岸のゴミで子どもがケガをしたことをきっかけに、定期的に行われています。この日は、キャンプに来ていた家族連れなども加わり、およそ60人で砂浜をリフレッシュしました。


参加者
「いつも汚したりバーベキューしたりするので、こういう時にみんなで清掃することはとても良いことだと思います。」

「今から海水浴シーズンなので、小さい子とか足をけがしてもだめなので、きれいな安全な海岸になればいいなと思いますね」

イベントを主催した宮田泰成さん
「皆さんに賛同いただいて、ガラス片掃除からどんどん海岸に広がっていって。(これからも)皆の力できれいに海岸清掃したいなと思っています」