富山湾を代表する食材ホタルイカ。地元の滑川市では学校給食に登場です。


滑川市西部小学校の児童:「いただきます!」

滑川市では、子どもたちに地元の食材に興味を持ってもらおうと、この時期は市内の小中学校の給食に『ホタルイカ』を取り入れています。

メニューはホタルイカに米粉をまぶして揚げた「ホタルイカボンボン」

朝、滑川沖で水揚げされたばかりの『ホタルイカ』の目を、1つひとつ丁寧に取り除き、隠し味としてカレー粉を加えることで子どもたちでも食べやすい味になっています。

子どもたち:
「以前はきらいだったけど、このホタルイカボンボンはおいしくて、次からは食べられるかも知れないです」
「外側がパリッとしていて、中はプリッとしてるというか、そこがおいしいです」
「数えてはないけど、結構おかわりできました。来年も楽しみにしています」

滑川市学校給食調理場によりますと、子どもたちの評判がいいことから、来年以降も続けていきたいとしています。