仙台市内の期日前投票所で参院選の比例代表の政党名などが掲載されている一覧表に、誤った選管の名前を印刷するミスがあったことがわかりました。選挙管理委員会によりますとこのミスは投票に影響を及ぼすものではないということです。

泉区選管によりますと、23日から泉区役所に設置された期日前投票所の比例代表の記載台10か所で、政党名や立候補者の氏名などを掲載した一覧表に、泉区ではなく誤って「若林区選管」と印刷していたということです。
また、青葉区のアエルの期日前投票所でも、記載台2か所の一覧表で青葉区ではなく誤って「宮城野区選管」と印刷していました。

選管によりますと原因は、書式のひな形を各区の選管でやりくりしていたためでチェック体制が甘かったということです。このミスは、投票に影響を及ぼすものではないとしています。