23日午前、JR仙台駅を出た東北新幹線の車内で焦げた匂いがすると申告があり
一時、この新幹線は停車しましたが、現在は、運転を再開しています。

JR東日本によりますと、23日午前10時31分に仙台駅を出た東京行きのはやぶさ・こまち14号が、出発後まもなく、グランクラスの車両で焦げた匂いがあると乗務員から申告があったということです。
車両を止めて点検をし、間もなく運転を再開しましたが、現在、白石蔵王駅で改めて車両点検を行っています。