1978年に発生した宮城県沖地震を教訓に、毎年6月12日は「みやぎ県民防災の日」と定められています。これに合わせ各地で防災訓練が行われました。県庁では、強い揺れを感じた職員が直ちに机の下に身を隠し、揺れが…