リニア工事に伴う水資源への影響をめぐり、JR東海が示した「全量戻し」の具体策について、大井川流域市町の意見です。掛川市の久保田市長は5月10日の会見で「一定の評価をする」との見解を示しました。

 掛川市の久保田崇市長はJR東海が4月に示したトンネル工事で山梨県側に流出する水の全量を大井川に戻す具体策について、「検討に値する」と評価しました。
<掛川市 久保田崇市長>「これまでは出た水そのものをどうするかという議論に終始していたので、そういう意味では検討に値するという評価をしている」
 久保田市長はリニア工事をめぐる大井川の水の問題について「議論が多面的に、あらゆる方策を検討することがあってしかるべき」と語りました。ただ今回、JR東海が提示した案が実現可能かどうかについては詳細な検討が必要だとしています。