5月8日高校野球の春季大会決勝が行われ、初優勝を狙う浜松開誠館高校と静岡高校が対戦しました。

 先制したのは浜松開誠館。1回の裏、3つの押し出しフォアボールと9番吉松のタイムリーヒットで4点を先行します。リードを5点に広げられた静岡高校は4回の表 、2アウトランナー2塁から9番亀井が右中間を破るタイムリースリーベースヒット。この回2点を返します。追加点がほしい浜松開誠館は7回の裏、1アウトランナー1塁で打席には4番・斎藤。左中間に飛び込むツーランホームランを放ち、静岡高校を突き放します。諦めない静岡高校は8回表、1点を返しなおも2アウト2塁で代打・鈴木。ライト前にタイムリーヒット。3点差に詰め寄ります。さらに2アウト2,3塁で、2番山岸。セカンドゴロに倒れ、チャンスを生かせません。そのままリードを守り切った浜松開誠館が、7−4で静岡高校を下し、県大会初制覇を果たしました。

<浜松開誠館高校3年 主将 静内龍之介選手>「シンプルに全員の力が合って、こういう結果になって嬉しい。」