松山三四六さんは敗戦の弁を述べたあと、過去の女性問題などを報じた週刊誌報道について説明の場を設けました。(記者)結果についての受け止めは?(松山氏)「全ては私の力不足と、何と言っても私の過去の過ちが…