昭和44年(1969年)の県営裾花ダムの完成式。
ダムは戸隠連峰から犀川へ注ぐ裾花川に整備されましたが、ダムが建設された場所にはかつて橋が架かる美しい渓谷や、稲作に和紙作りも盛んだった集落がありました。
ふるさとの情景が実に半世紀の時を経て、カラー映像でよみがえります。



洪水調節や上水道、発電のため、最大1500万立方メートルの水を蓄えられる長野市の県営裾花(すそばな)ダム。


長野市のアマチュア映像作家=小林武司(こばやし・たけし)さんがダムに沈む直前の姿をカラー映像で撮影していました。

「ダムができて、水がたまる1、2年前だね、裾花渓谷のきれいなところだからやっぱり知っている人は懐かしいだろうね」

冒頭映る、建設中の裾花ダム。

映像は、ダムが完成する1年半前、1967年秋に撮影されました。


脚本と出演は、のちの戸隠地質化石館(当時の名称)の館長代理で、発掘のためこの道を何度も通った故・中川政幸(なかがわ・まさゆき)さん。

この地への、惜別の思いを描いています。

「(今はダムに沈んでいるところ?)今は水の下になっているからね」

上に見える橋は、裾花大橋(すそばなおおはし)。


いまはダム湖にかかっています。

フィルムに映る滝は、水の中に沈みました。

ここは昭和初期、「日本百景(にほんひゃっけい)」に選ばれた「裾花渓谷(すそばなけいこく)」の、ハイライトの一つでもありました。