2014年の御嶽山の噴火災害をめぐる裁判で、原告側は長野地裁の一審の判決を不服とし、控訴しました。この裁判は、2014年9月に起きた御嶽山噴火災害の犠牲者の遺族と負傷者32人が、国と県に総額3億7600万円の損害賠…