2014年の御嶽山の噴火を巡る裁判で、地裁松本支部が当時の気象庁の判断などを「著しく合理性に欠けて違法」とした判決について、気象庁の長谷川長官は「非常に厳しい指摘」と述べました。裁判は、63人の死者・行方…