4月に開校した三豊市の公立夜間中学に、全国で初めて不登校の生徒が、9月の転入にむけ準備を進めていることがわかりました。

三豊市の夜間中学協議会で明らかになったもので、他の中学校に在籍している不登校の生徒3人が、9月からの転入に向け面談などを受けたということです。

三豊市の公立夜間中学は、夜間中学としては全国で唯一、中学校に通う年齢の不登校の生徒を受け入れることができる「不登校特例校」に指定されています。3人は7月中旬から体験入学を行う予定で、転入が決まれば全国で初めてとなります。

(三豊市夜間中学協議会 城之内庸仁委員・岡山自主夜間中学校理事長)
「三豊市以外の学齢期からの問い合わせもたくさん入っている。三豊だけではなくもっと近いところに『不登校特例校』はどんどんできるべきだ」

三豊市では保護者も交えた面談なども重ね、転入について最終的に判断する予定です。