第二次大戦後の武装解除で廃棄の危機に直面し、それを免れた刀剣、「赤羽刀(あかばねとう)」の展示が瀬戸内市で行われています。平安時代、備前の刀鍛冶・古備前が作り出したとされる「近房(ちかふさ)」、廃棄…