熊本県玉名市の歯科医院で患者に抱きつくなどのわいせつな行為をした疑いで60代の歯科医師が逮捕されました。

強制わいせつの疑いで逮捕されたのは玉名市亀甲(かめのこう)の歯科医師 小栁伸也(こやなぎ・しんや)容疑者(61)です。

警察によりますと小栁容疑者は今年2月、玉名市の自身が院長の歯科医院で治療中の20代の女性に抱きついたり胸を触ったりした疑いが持たれています。

女性の父親が「娘が歯科医院でわいせつな行為を受けた」と110番通報し、警察が調べを進めていました。

調べに対し小栁容疑者は抱きついたことは認めているということですが、胸を触ったことは否認しています。

警察は別の機会にも女性にわいせつ行為をした可能性があるとして調べを進めています。