試合は取って取られての攻防が続いた。1―1で迎えた3回。先頭の宇草が内野安打で塁する。すると続く菊池の痛烈な打球はあわやホームランという大きな当たり。勝ち越しとなるタイムリーツーベースでリードを奪う。…