21日午後、広島市安芸区で、30代の男性が刃物のようなもので刺された殺人未遂事件で、警察は、40歳の女を逮捕しました。

逮捕されたのは広島市中区の無職 岡崎静佳容疑者(40)です。

警察によりますと、岡崎容疑者は、21日午後3時すぎ、広島市安芸区矢野西の神社の境内で、39歳の男性の背中を刃物のようなもので突き刺すなどして殺害しようとした疑いが持たれています。

男性は意識はあるものの重傷だということです。

調べに対し岡崎容疑者は、「故意に突き刺すようなことはしていません」と供述しているということです。

男性からの通報を受け、警察が「殺人未遂事件」として捜査。

神社の防犯カメラに2人がうつっていたことや、境内で争っている声がしたという情報などから、事件のあと、現場を立ち去っていた岡崎容疑者の行方を追っていましたが、21日夜から事情聴取し、容疑が固まったため逮捕したということです。

男性は、「トラブルがあった」と話していたということで、警察が事件のいきさつを調べています。